税理士試験の合格基準

税理士試験の合格基準

全科目変わることなく、60%が合格基準です。

しかし、各科目じの平均の合格者は、上位からになりますので、やはりこれは、60%というのはあくまで通過点とし、他の受験者とどれだけ差をつけれるかが大切です。

また、合格の基準としては、会計科目が2科目、税法科目が3科目の計5科目に達成したときに、税理士試験に全て合格したということになります。