税理士試験の特徴

税理士試験の特徴

税理士試験には、科目選択制度と科目別合格制度という、二つの試験から成り立っています。


税理士試験の合格基準

全科目変わることなく、60%が合格基準です。しかし、各科目じの平均の合格者は、上位からになりますので、やはりこれは、60%というのはあくまで通過点とし、他の受験者とどれだけ差をつけれるかが大切です。

また、合格の基準としては、会計科目が2科目、税法科目が3科目の計5科目に達成したときに、税理士試験に全て合格したということになります。


税理士試験の合格後

税理士試験に合格後に行わなければいけないことが2つあります。

一つは、税理士会の名簿登録、もう一つは実務経験を積むことです。
合格前に行っていれば問題なのですが、名簿に登録する条件としては、実務経験を2年以上積む必要があります。

税理士として税理士会に登録を済ませれば、税理士となることができます。そのため、実務経験を合格後に積まれる方は、試験を合格してもすぐには税理士になれないのでご注意下さい。

もちろん、反対に試験合格の時点で実務が2年以上ある方は、そのまま登録を済まば、税理士になれるという訳です。