選択科目の選び方

選択科目の選び方

公式データではございませんが、様々なデータな統計があるわけではありませんが、様々なデータを統合すると以下のような割合になります。

消費税法 約40%
相続税法 約30%
固定資産税 約10%
国税徴収法 約5%
酒税法 約5%
住民税 約5%
事業税 約5%

科目別に見てみると、消費税方や相続税法が人気の科目となっています。

この2科目は特に、自分に身近なものということと、合格後の実務経験を積む上で、有効だと言われています。

人気の科目、不人気の科目と様々ありますが、どの試験も合格率は上位の10〜15%ということなので、受験者数が多いから少ないからということだけでは、合格には何も直結しないのではないでしょうか。

したがって、科目を選択する際はボリュームの多少だけではなく、それぞれの科目の特徴や、合格後をしっかりと見据えた科目選びが大切ではないでしょうか。