必須科目の選び方

選択必須科目の選び方

公式データではございませんが、様々なデータな統計があるわけではありませんが、様々なデータを統合すると以下のような割合になります。

法人税法のみ 60%
所得税法のみ 20%
両方 20%

受験生のほとんどが法人税のみの試験を受けていますね。

両方の試験を受ける受験生は2割と少ないものの、もちろん、法人税法・所得税法の両方を学習しておけば、合格後に仕事には有効だとよく言われています。

そのため、たった2割の受験生しか受けていませんが、もしう機会がある方は、ぜひと両方の試験を受けてみてはどうでしょうか。