税理士の使命

税理士の使命

税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。
(税理士法第1条)。


遺言がない時の相続

人はいつ病気や事故で命を落とすかわからないため、昨日まではあんなに元気だったのにと言う方が、突然この世を去ってしまうことがあります。遺された家族はどうしていいかわからなくなってしまうこともあるかも知れませんが、中でも特に遺産相続をどう分配すれば良いのかわからず、悩んでしまう家庭も少なくないでしょうね。

そんなときでも遺言のようなものさえあれば、それを元に切り抜けることが出来そうですが、突然の死の場合は、遺書を用意していない場合がほとんどでしょう。

このような自分たちではどうしようもないという場合は、お近くの司法書士事務所まで行って、司法書士に相続相談をすることをおすすめします。